スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【魔法先生ネギま!】呪われしアニメ化の変遷

赤松健 on Twitter
http://twitter.com/#!/KenAkamatsu/status/107007488980815873


上映前に原作者の赤松先生から。
いつもはネギまのアニメを褒めるのに、‥‥‥‥褒めてない‥‥だと‥‥!?

↓(上から下に読む)
KenAkamatsu 赤松健   <br />さて。昨日、私も「劇場版ネギま」の完成品を、ようやく観ました。・・・う~ん、設定は私が提出した最終回B案の通りなんですが、どうも脚本時とは結構違ったフィルムになっていますね(^^;)。特に前半、肝心の「前提条件」の説明が抜け落ちていて、少々分かりにくいストーリーになっています。<br /><br />KenAkamatsu 赤松健<br />これは、簡単なあらすじ(&条件設定)を頭に入れてから観に行った方が良いかもしれません。そこで、HPにも内容変更のお知らせを出してもらいました。 bit.ly/oPdvjf<br /><br />KenAkamatsu 赤松健<br />「明日が卒業式である」とか、「仮契約の期間が終わったら、本契約する相手を一人だけ決めなくてはならない」、そして「本契約に至らなかったクラスメートは、次の朝になったら魔法に関する記憶を全て失う」という件。この3つを作中で充分に説明していないので、そこだけ注意ですね。<br /><br />KenAkamatsu 赤松健<br />その他は、戦闘シーンはよく動いているし、ラストも派手で、クラスメートも全員出ているし、よろしいのではないでしょうか。大スクリーンでネギまを観られるのはこれが最後ですし、オマケで単行本0巻ももらえますので、ぜひ映画館に行ってご覧になって下さい。<br /><br />KenAkamatsu 赤松健<br />27日の舞台挨拶は、私の出番は無いようです。何故なら登壇する声優さんが、更に増えたみたいで(笑)。さらに・・・ネギま上映の直後に、ある「興味深い映像」が出てきます。ま、まさかこう来るとはなぁ。(これも、映画館に行かないと観ることができません)
http://twitter.com/#!/KenAkamatsu/status/107007488980815873
http://twitter.com/#!/KenAkamatsu/status/107007970759557120
http://twitter.com/#!/KenAkamatsu/status/107008335307489280
http://twitter.com/#!/KenAkamatsu/status/107008537951076352
http://twitter.com/#!/KenAkamatsu/status/107009116228165632





◆「魔法先生ネギま!」呪われしアニメ化の変遷


・第1期(2005年1月より2クール深夜)
タイトル魔法先生ネギま!
形態TVアニメ
監督錦織博
アニメーション制作XEBEC
作画崩壊、色設定改変、内容圧削、戦闘シーン大幅カット、原作先取り、火葬、これぞ原作レイプ。呪文を原語で唱えたことは評価できる。ハピマテ現象。


・第2期(2006年10月より2クール夕方)
タイトルネギま!?
形態TVアニメ
監督新房昭之
アニメーション制作シャフト(企画協力:ガンジス)(制作協力:スタジオパストラル)
オナニー、同人作品、キャラ崩壊、完全オリジナルストーリー、崩壊しない作画崩壊、OP曲がセリフ。


・第3期(2008年8月発売コミック23巻より計3巻)
タイトル魔法先生ネギま! ~白き翼 ALA ALBA~
形態OVA
監督新房昭之
アニメーション制作シャフト、スタジオパストラル(共同制作)
原作通り、果てしないシャフト臭、キャラデザが安い。原作通りの進行で、絵柄も原作に近づけようとしているが、シャフトの身の丈に合っていない痛さが滲む。シャフトだからこの程度かと妥協してしまう。アクションシーンも苦手。


・第4期(2009年9月発売コミック27巻より計4巻)
タイトル魔法先生ネギま! ~もうひとつの世界~
形態OVA
監督新房昭之
アニメーション制作スタジオパストラル、シャフト(共同制作)
原作通り、3期より作画が向上、フェイト再登場。作画自体はかなりマシになっていて及第点(けして良くはないが今までと比較すれば感動するレベル)。しかしアクションシーンが苦手(だが、ファンタズマゴリア内での戦闘はかなり良かった)。アニメーション制作でパストラルが先に記載されているという3期からの些細な変化を発見して内心歓喜してしていた。


・外伝(2010年11月発売コミック32巻)
タイトル魔法先生ネギま! もうひとつの世界Extra 魔法少女ユエ♥
形態OVA
監督新房昭之
アニメーション制作スタジオパストラル、シャフト(共同制作)
4期と見なしても問題ない。4期の流れを汲んでいるのでシリーズ最高級(※1)の作画。アクションシーンはまだ苦手。   ※1.シリーズ最高級


・劇場版(2011年8月27日より上映)
タイトル魔法先生ネギま! ANIME FINAL
形態映画
監督新房昭之
アニメーション制作スタジオパストラル、シャフト(共同制作)
当初「3期→4期→劇場版」で魔法世界編が完全完結する構想だったが、魔法世界編のクライマックスを放置しパラレルワールド最終回に。さらに、製作が間に合わない影響(?)でか、ストーリー一部変更で、時間も短縮された可能性あり。作者(赤松先生)が上映前に内容について予防線という名の苦言を呈した程には期待ができない。






原作が神過ぎるが故か‥‥‥‥って、それとアニメ化には関係ナッシング。
確かに落差は激しいですけどね。

原作のよどみない作画をいつも視ているので、ただでさえ作画が微妙なシャフトがもっと。
それと、作者の赤松先生の描く戦闘シーンはとても鮮明で迫力があるんですが、

な ぜ か、アニメ化すると分かり難くなる――――。普通逆でしょ。


シ ャ フ ト が 関 わ る と 動 き が 変 に な る 。

枚数が足りてないというかなんというか。


とはいえ、絶望先生のアニメ化はシャフトが適切だと感じましたよ?
冴える1枚絵や、奇を衒ったような魅せ方。
新房監督に依る所も大きいんでしょうけど、シャフトは動きが少ないアニメの方が圧倒的に向いてるように感じます。


ということで、ネギまでシャフトは嫌だなーと3期決まったらへんから思ってて、
劇場版なら脱シャフト来るか!と思っていたのに結局シャフト。

パストラルってのもよく分からないけど、ググった感じではシャフトとよくつるんでるから、最早シャフトみたいなもんですよ。


そんでさっき「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」を金ローで観たんですけど、作画がすごいのなんの。
ヱヴァとネギまじゃ規模が違うからアレですけど、やはり映画と言ったら超作画ですよね!

駄菓子菓子、シャフト‥‥‥‥‥‥‥‥。


映画を観に行った後に、清々しいまでの手の平返しをさせてくれるような展開を望んでいる。

魔法先生ネギま ! 麻帆良学園中等部2-A Magic 1 (初回限定版) [DVD]
魔法先生ネギま ! 麻帆良学園中等部2-A Magic 1 (初回限定版) [DVD]

ネギま!? DVD1 スペシャル版
ネギま!? DVD1 スペシャル版


関連記事

この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する

電子つ透過

漫画を食べつつアニメを飲むサイト。画像が好き。

カテゴリ
最新エントリー
月別アーカイブ
星空のメモリア
s_banner04.jpg
ヨスガノソラ
ヨスガノソラ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。